年間占い

365日分を
依頼者さまの色に合わせて、
あらゆる角度から根こそぎ占います。

その月その日、その年の自分の流れを知っていれば、注意日や開運日を余すことなく使えます。暗剣や空亡などの注意日に出会う要注意な人を頭の片隅においておくことができ、大きな失敗を最小限に留めることが可能となります。月の吉方と凶方位が出せるため余計なものを背負ってくることも極力避けられます。他に「お参り・三合参り」の日にちと方位、お水取り、その日のコメント等、カレンダーに落とし込んであるので、自分の収穫の時期までの準備ができるので、邪念が生まれません。足りない干支を揃えるのにも有効です。

大切な商談や契約日を
間違えないため、
経営者さまには
絶対に必要かと思われます。

この年間占いを十数年前から毎年利用しているお客さま(当時の年商2400万)がおりますが、その方の吉方位、話(チャンス)が入る年と月、そのチャンスの準備期間と開花の年を見つめていけるので、可能性を最大限に引き寄せる事が出来、そのお客さまが三合法を理解されたのが卯年からでしたので、まずは木局三合の発展からはじめ申子辰の水局三合を揃えた時の人材で金局三合の酉年に収穫したもの(50,200万)を大いに使いました。あらかじめ開花を目指していたのが戌年(火局三合:地位名誉)でした。そのお客さまは気学にいう八方塞がりの年ですが四柱推命でいうところの結果やスタートのとき。八年間を積み上げて大きな勝ちをひとつだけと目標にしてまいりました。吉方取りやお水取り、超絶開運である三合法で準備してきたものが、このお客さまにどう出るかが楽しみです。

このように、都合の良いときを知るのかではなく、悪い時にどう準備するのかで時間の中身を厚くしてゆくものだとご理解ください。九星気学と四柱推命は終わりのない非常に優れた統計学です。