子供占い

その子の性格や運命的なものを
親が知っておくことは
決して悪いことではありません。

子供が生まれるとまず名前を考えますが、生まれたときの九星や十二支などでその子の宿命は大体決まっており、その子の性格や運命的なものを親が知っておくことは決して悪いことではありません。0歳から8歳までに向かうべき方向に導くことが出来ると、将来を自らの動きで変えていくことができます。

掛け違いを無くす為に名前の画数のほかに五行、将来について占ってみるのも有益です。画数のほかに数霊(カズダマ)、家相との相性や子供の部屋の方位も大切です。これらを組合せることによって導きます。陽気に遊んでしまう方角や逆にこもってしまう部屋もあり、部屋(家相)を代えられないときにそっと色で変えられる方法などがあります。また、協調性に欠ける子供の手のひらに「合」の字を書いておく十字大事秘法(中国では手相の整形まであります)などの手法も効果絶大です。

家相と風水の違いは家の吉凶を判断する学問思想。八方位に分けそれぞれの特徴に適した利用を決めていくのが家相。一方、風水は五行の理論を取りいれ、気の流れに多幸招来を得る思想です。

子供の少しの行動で
道は開けてきます。

子供の将来に合った職業を早い段階で知ることが出来れば、少しの行動で道は開けてきます。幸せになってほしい立派になってほしいと願う親の気持ち。その表れを上手に使いましょう。生まれた日付と時間を変えることはできませんが、そこに占いや吉方位など取り入れてゆくと、すばらしい方向へ変えることが出来ます。

8歳までに
気づいてほしいことです。

受験についてのご相談も
受けたまわっております。
事前にご相談ください。